2019年12月31日、上野・北欧でととのい納めてこれを書いております。

 

今年一年、無事に唸り終えることができました。

 

心より御礼申し上げます。

 

一つのお話を「一席」というんですが、今年一年で何席唸ったかというと、

 

523席

 

2018年が448席だったので、75席ほど増えました。これは、芸協に入れていただいて、寄席の出番が増えた分かなぁと。

 

演目数でいうと、

 

古典53演目、

新作60演目、

 

合計113演目。

 

ネタおろしは、

 

古典19席、

新作29席(うち、12席は月刊マガジン的なネタ)

 

合わせると、48席。去年が32席で「多すぎた」と反省していたのに、1.5倍になっていました。バカです。

(ちなみに、2018年の振り返りはコチラ。

http://tamagawadaifuku.sakura.ne.jp/?p=2490

 

ネタおろしの多さは、頑張ったことには違いないけど、ただ数字だけでいばることでは全然なく。もうとにかく必死で、詰め込んだ予定を、いただいたご依頼を、

なんとかかんとか、いや、

もう本当に、

なんとかかんとか、

乗り越えた、というだけの数字で。

 

523席のうち何席、お客さんが「心から満足」してくれたか

48席のネタおろしの何席で、本当に心から感動してくれたか

 

うーん

 

あんまり胸張れないなぁぁぁ

 

というのが、謙虚でもなんでもなく、本音です。

 

2020年は、やっぱり500席くらいにはなるのかなぁと漠然と思いつつ、一席一席を濃ぃぃぃ中身にすること。

 

古典の連続物については、ネタおろしは無しで、すでに覚えたものをきちんと育てて、「連続物」公演を私なりに胸を張れるクオリティにまで高めること。

連続物以外では何席か、「絶対1軍に育たい」というネタを見つけて、覚えること。義士伝、覚えます。

 

新作は、

ソーゾーシー

「男はつらいよ」(年4席)

「月刊マガジン」(毎月)

この3本柱プラスαを頑張りつつ、

 

「おかず交換」と並ぶ、いや、それ以上のネタを作りたいなぁ。

 

大晦日のゆっくりされてる時に、長々すみません。

まだまだ振り返りも、来年への思いも尽きないんですが、ひとまず、このあたりで終えますね。

 

お世話になった皆さま、ご来場くださった皆さま、リスナーの皆さま、

 

心より、ありがとうございます。

 

来年もご贔屓いただけましたら嬉しい限りです。

その甲斐があるよう、より良い浪曲師になります。

 

どうぞ良いお年をお迎えくださいませ。

 

玉川太福 拝

 

オロポも納め…